銀行系

楽天ローンを使ったキャッシングで効率的な使い方をする

楽天銀行が個人向けに実施している楽天ローンは利用者が多いです。その理由は、ネット銀行ならではの借入利率の低さとスマホやパソコンによる会員メニューからの利用が行える利便性が高いからです。楽天ローンを使ったキャッシングで借りたお金は、色々なシーンで様々な使い方が行えますので、借入利率が低い楽天ローンはユーザーにとって使い易い融資サービスであると言えます。

楽天ローンを利用する場合には、楽天銀行の口座を持っていた方が便利ですが、既に持っている主要な銀行の口座でも楽天ローンを利用する事は可能です。提携ATMが多く、契約後は24時間融資や返済の手続きが出来ますので、ユーザーの都合の良い時間帯にサービスを使えるという安心感もあります。

体験談

小さいころから憧れていたロードレース

小学校に入る頃にはロードバイクの魅力にぞっこんだった僕は、社会人になった記念に念願のマイバイクを買う事にしたのですが、実際に店頭に行ってみるとその値段の高さに驚きました。

僕の考えが甘かったんだなぁと部屋でテレビを見ているときにモビットのCMを目にしました。

審査は大丈夫だろうか?返済は?なんて不安も、すぐに吹っ飛ぶくらいの手軽さと安心感。

ボーナスとキャッシングをあわせて念願の赤いロードバイクを手に入れる事ができ休みのたびにプチ旅行を楽しんでいます。

出先で急な出費があった時もキャッシングで楽々便利に解決できるし、思っている以上に返済も負担にならないし。

次のボーナスでもキャッシングして今度はワンランク上のモデルをゲットしようかと考えています!

銀行系

三井住友銀行カードローンでキャッシングをすると不都合になる点もあるので注意が必要

三井住友銀行カードローンは大手銀行のカードローンなので安心してお金を借りる事が出来ます。また手数料が無料で利用する事が出来るATMが多いのも魅力です。それでキャッシングをする時に三井住友銀行カードローンを選ぶ人が多いですが、不都合になってしまう点も少なからずあるので確認してから利用する必要があります。

三井住友銀行カードローンは振込キャッシングのサービスがありません。最近では振込キャッシングを利用している人も多いので三井住友銀行カードローンでキャッシングする時は不都合になってしまう可能性があります。また三井住友銀行の口座を持っていないと利用する事が出来るサービスが少なくなってしまうので三井住友銀行カードローンでキャッシングをする時は口座を開設しておいた方がいいです。

即日融資

急な出費には即日融資可能なキャッシングが便利

すぐに対処することができないことのひとつに急な出費があります。あらかじめ予想できる範囲内の出費であれば前もって予算を組んで手持ちの現金を余分に持っておくなどの対処法がありますが、全く予想していなかった出費を伴う予定が入ってしまったというときにはすぐに対処することができないからです。

そのようなときには消費者金融のキャッシングがおすすめです。消費者金融のキャッシングならばウェブ上からや自動契約機からすぐに申し込みの手続きをすることができわざわざ業者の店舗に足を運ばずに済み、即日融資を受けることも可能だからです。手持ちの現金があまりないというときの急な出費には消費者金融のキャッシングがとても便利です。

銀行系

東京スター銀行カードローンの2つのメリット

東京スター銀行はおまとめローンのサービスを提供している事で有名ですが、普通のカードローンのサービスも提供しています。それでお金が必要になった時に東京スター銀行カードローンを利用する人もいますが、どのようなメリットがあるのか分からない人も少なくないでしょう。そこで東京スター銀行カードローンのメリットを挙げていく事にしましょう。

・上限金利が15%以下で設定されている

銀行カードローンは低金利と言われていますが、中には上限金利が18%に設定されていて消費者金融のような条件になっている事もあります。しかし東京スター銀行カードローンは上限金利が14.6%に設定されているので低金利に分類されます。上限金利が15%以下で設定されている点がメリットになります。

・アルバイトや専業主婦が利用しやすい

銀行カードローンは審査が厳しいと言われているのでアルバイトや専業主婦は利用しにくい部分があります。しかし東京スター銀行カードローンはアルバイトや専業主婦にも積極的に貸付を行っています。審査も柔軟に行ってくれるのでアルバイトや専業主婦が利用しやすいカードローンと言えます。

東京スター銀行カードローンはこのようなメリットがあるのでお金が必要になった時に利用してみるといいでしょう。

利息

金利の高い銀行カードローンには理由がある?

一般的に銀行カードローンは消費者金融より金利が低くなっています。この理由は、貸し出す資金の調達にその銀行の預金がそのまま利用できるからです。元々銀行は預けてもらったお金を様々なローンとして貸し出すことで、預金者に支払う利息との差額で利益をあげています。

対する消費者金融は自己資金だけで行っている場合はともかく、預金を集めるという行為が行えない為、銀行から借りたお金を貸していることが多いです。よって、銀行より低い金利で貸すということは難しく、カードローンでも銀行より高い金利設定になっています。

ですが、中には銀行でも消費者金融並に金利の高いカードローンがあります。その代表的な2つは新生銀行のレイクとオリックス銀行のカードローンです。これらは共に最高金利が年利18%で、消費者金融のそれと全く変わりません。何故この2つの銀行カードローンはこんなに金利が高いのでしょうか?

それは、まずレイクは元は大手消費者金融だったので、その時代からの金利設定を引き継いでいるからです。レイクが銀行カードローンになったのは2011年の10月からで、それ以前から利用していた人と条件が変わってしまっては色々な不都合がある為、銀行カードローンとなった現在でも消費者金融と同等の金利設定のまま提供されています。

そして、オリックス銀行は普通預金口座を提供していない信託口座専用の銀行です。つまり、それほど預金を頻繁に集められるという性質ではない為、どうしても金利を高くせざるを得ないのです。

ただ、2つのカードローンとも金利が高いというだけでは誰も利用しようとは思いません。そこで、レイクでは無利息サービスとATMの手数料が無料という2つのサービスを売りにしており、オリックス銀行でもATMの手数料が無料で、更にどのATMからでも千円単位での借り入れが可能となっています。このような他ではまず見ないサービスを提供している為、金利が高くても利用者が多いのです。

特にこの2つの銀行に共通するATMの手数料が無料という点は、頻繁にATMから利用する人にはかなりお得なサービスになります。このように、一見銀行カードローンにしては金利が高い場合、それを補うべく提供しているサービスがあると考えていいでしょう。

審査

キャッシングの限度額の基準は法律で決まっている

キャッシングの限度額の基準は法律で決まっています。

キャッシングは、貸金業法という法律によって提供されている少額融資のサービスであり、銀行法で提供されている大口の融資のサービスとは全く異なる融資のサービスのことを言います。

最も異なる点は、キャッシングには総量規制という融資の枠に関する規制が存在することです。

総量規制は、融資の申請をしている人の年収の三分の一を上限として融資の枠に限度を設定する規制のことを言います。

当然、総量規制の目的は無意味な融資によって融資の契約に関わっている当事者同士のトラブルを無くすことにありますので、勝手な判断によってこの規制を破ることは出来ません。

総量規制の限度額の考え方は非常にシンプルでわかりやすいものです。

例えば、年収300万円の人がお金を借りるときには限度額が100万円になるわけですが、この100万円という基準は全ての貸金業者を含んだものになります。

つまりある会社から20万円のお金を借りたときには、他の会社からは差額の80万円を借りることが出来るわけです。

総量規制が適用されるサービスは限度額がある反面、審査が非常にゆるくなっているという大きなメリットがありますので、複数の会社からでもお金を借りることが出来るということを忘れてはいけません。

返済

手軽なキャッシングだけど返済を考えて

キャッシングは今やネットで簡単に申し込めるので、

審査を通過すれば何とも気軽にお金が引き出せて

金銭感覚が狂うと言う人もいます。

手軽というか、気楽な借金ですね。

突然の出費で困っていても、

即日入金という金融会社もありますから

身分を証明するものを持っていれば

いつでもお金には困らないということでしょうか。

でもコマーシャルでも言っていますが、

利用するには計画的に返済することを頭に置かないと

大変な事になります。

機械で簡単に引き出せても、それは自分のお金ではないのです。

ボーナスがドカンと入るから、

それで返せるという案があればいいのですが、

ボーナスもないのに毎月の給料から返済するのは

大変なことです。

誰でも余裕のある生活はそんなにしていません。

自分に合った生活をしていかなければ、

すぐにキャッシングに頼り、またそれで足りなければ

他に頼る事になってしまうのです。

手軽なキャッシングだけど、返済する事を考えて利用しましょう。

キャッシングを否定しているのではなく、

自分に合った金額設定は必要ということです。

借りたら返す。

キャッシングは返済を怠ってはいけません。

今は金融会社も1カ月無利息キャンペーンなどやっていますので、

うまく利用して賢く金欠状態を切り抜けていきましょう。