銀行系

バンクイックより楽天銀行スーパーローンの方を選ぶ2つの理由

銀行カードローンを利用する時に大手銀行のカードローンの三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックとネット銀行のカードローンの楽天銀行スーパーローンのどちらにするか迷ってしまう人が多いです。大手銀行のカードローンの方が安心感があるのでバンクイックを選ぶ人が多いですが、最近では楽天銀行スーパーローンを選ぶ人も増えてきています。そこでなぜバンクイックより楽天銀行スーパーローンの方を選ぶのか理由を挙げていくことにしましょう。

・ネットですべての手続きをする事が出来る

バンクイックを利用する時は来店して手続きをする事も出てくるので住んでいる場所の近くに銀行がないとすごく不便です。しかし楽天銀行スーパーローンを利用する時はネットですべての手続きをする事が出来るのですごく便利です。楽天銀行スーパーローンの方が利便性が高い点が選ばれる理由になります。

・上限金利が低く設定されている

バンクイックの上限金利は14.6%、楽天銀行スーパーローンの上限金利は14.5%で設定されていて楽天銀行スーパーローンの方が0.1%低くなっています。0.1%だとあまり変わらないような気もしますが、多額の借り入れをする時は影響してくるので上限金利が低く設定されている楽天銀行スーパーローンを選ぶ人が多いです。

利息

キャッシングの利息の支払い方

キャッシングをしたお金には利息が掛かりますが、この分の支払いについて説明したいと思います。

例えば10万円を年利18%、12回払いで借りた場合、全12回の支払いで元金、利息ともに支払うことになります。別に利息だけを支払うような必要はありません。

キャッシングの利息はクレジットカードのリボルビング払いのような形で支払っていきます。つまり、毎回の返済額の中に利息分も含まれているのです。返済を行う度に利息の元となる元金が減っていくので、序々に返済額に含まれる利息も減っていく仕組みです。

上の年利18%で10万円を12回で返済する場合、毎回の返済額は9,167円になりますが(12回目のみ9,174円)、最初の返済ではそのうち1,500円が利息分となり、元金の返済に充てられるのはそれを差し引いた金額です。2回目には最初より元金が減っていることから、同じ9,167円を返済してもそのうちの利息分は1,384円になり、返済回数が進むに連れて元金へ充てられる金額も序々に増えていきます。

このような繰り返しで返済を行っていくので、年利18%をちょうど12回の1年で返済したとしてもそのまま18%が利息として上乗せされるという訳ではないのです。この例では12回合計して返済する金額は110,011円になり、そのうち利息分は10,011円です。

キャッシングの返済はこのように毎回の返済額の中に利息分も含まれているので、利息を特に意識することはありません。普通に返済を行っていれば、利息もきちんと支払っているということです。

即日融資

レイクから来店不要で即日融資を受けるには

レイクでは来店不要で即日融資を受けることが可能です。
どうしても今日中にお金が必要と言った時に便利です。

来店不要で即日融資を受けるにはまずはインターネットでレイクのカードローンにお申込みします。
必要事項に入力して送信されるとすぐにパソコンやケータイ、スマートフォンの画面に審査結果が表示されます。

運転免許証や健康保険証など本人確認書類の提出はアプリやメール、FAXで来店不要で行えます。
画面上に表示される審査はまだ仮審査、その後に本審査が行われ合格次第、即日金融機関口座にお金が振込されます。

ただし振込業務ができる時間の関係で、平日14時までに必要書類の確認まで完了していないと即日振込が出来ないです。
平日14時以降は翌営業日に振込されますので、急ぎのときは早めの時間からお申し込みを開始したほうが良いです。

もし過ぎてしまった時はレイクの自動契約機までご来店すればまだ即日融資が受けられます。

レイクの自動契約機は初めて契約される方で21時まで当日融資に対応しています。

カードが発行されますので受け取り後、ATMからお金を借りることが可能です。

来店することが必要ではあるものの、遅い時間でも即日融資が受けられると言うのは大きなメリットです。

申し込み

学生がキャッシングを利用するために必要な2つの条件

学生でもキャッシングを利用することはできるのでしょうか。結論から言うと、キャッシングを利用することはできます。しかし、そのためには2つの条件が必要です。それは何でしょうか。

まず1つ目の条件は満20歳以上であるということです。学生でも10代の場合にはキャッシングを利用することはできません。それで、年齢の条件を満たしておくことは必須です。

2つ目の条件は何でしょうか。それは収入があるということです。とはいえ、学生の場合には会社勤めすることができませんので、アルバイトでも大丈夫です。さらに、どのような条件だと審査に有利になるのでしょうか。それは同じ職場でアルバイトを長く行っている、つまり勤続年数が長い。さらには収入の額が大きい、つまりアルバイトの時給が高いと審査にはより有利になります。

以上に2つの条件を満たしているのであれば、学生だとしてもキャッシングを利用することはできます。とはいえ、注意も必要です。それは借りすぎないということです。特に、アルバイトをしていて収入があると言っても、会社勤めをしている人からすると限られています。それで、借り入れ金額を少なくして、本当に必要な金額だけを借り入れるようにしましょう。

審査

自衛官のキャシング審査は通りやすいです

自衛官のキャシング審査は通りやすいです。自衛官は国家公務員という立場にあたり、全国移動が当たり前ですが、ほかの公務員と比べてもキャシング審査に通りやすいです。実は自衛官は定年制度が早いのでその分年収が高めに設定されています。

ですから同じ年齢の公務員と比べると収入が高いので、キャシングの審査も優遇されているのです。キャシングの審査には身分証明書が必要になりますが、自衛官の場合運転免許がなくても身分証明書は必ずあります。これさえあれば銀行系も消費者金融会社も一発で信用してくれるのです。

その点では一流サラリーマンよりキャシングの審査に通りやすいと言えるでしょう。もちろん定年が早い分使い方、返済の仕方をよく考えて利用するのが最重要科目です。さらに自衛官がキャシングをする場合は全国移動したときの返済方法を考えなければいけません。

もし移動した先にキャシング会社がなければ返済しにくい、相談しにくいといったトラブルが発生するからです。ですからできれば全国に店舗のある大型キャッシング会社を選ぶほうがいいのです。さらに結婚していない若い隊員は基地内に居住スペースがあって衣食住と何でもそろっているのでs、現金を使いがちですが、キャッシングを利用する場合、計画的に考えていきましょう。

審査

アコムの審査に落ちた時の対応策とは

アコムで借り入れをする際は審査があり、それに落ちてしまうこともままあります。

そのような場合の対応策としては、以下のような物が挙げられます。

一つ目は、「半年ほど経ってから再び申し込む」。

アコムの審査に落ちても、二度と申し込めないわけではありません。

ですから、どうしてもアコムを利用したい場合は、再び申し込むのもありです。

ただし、落とされてからすぐに申し込むのはやめておくべきです。

「審査に落ちた」という情報は、信用情報機関という所に登録されるからですが、それは半年ほどで消えるので、そこまで待ったほうがよいでしょう。

また、他の業者からも借り入れなどをしている場合は、利用額や件数を減らすなどしておくと、印象がよくなります。

二つ目は、「他の業者に申し込む」。

特にアコムでなければいけないというわけでないならば、他の業者に申し込んでみましょう。

ただし、この場合も、落とされてからすぐに申し込むのは避けるべきです。

少なくとも、3ヵ月は待ったほうがよいでしょう。

三つ目は、「審査基準を満たしておく」。

アコムの審査には一定の基準があり、それをクリアーしていないと、何度申し込んでも同じ結果になります。

ですから、もし基準を満たしていないのであれば、まずそれをクリアーしておきましょう。

審査

キャッシング審査っていったい何なの?

キャッシングをするには誰でも必ず審査を受けて合格しなければ利用することはできません。

キャッシングを初めてする方も何度も利用している方も、キャッシングの審査方法について見直してみましょう。

■審査は保証人なしと担保なしの代わり

消費者金融は銀行のように保証人なし、担保なしでキャッシングしてくれます。なぜそんなことが可能なのでしょうか?

それは徹底したデーターベースによる審査方法を消費者金融が行っているからに他ありません。

審査内容に自信があるからこそ、借り倒れのリスクをある程度背負ってでも保証人なし、担保なしで貸し付けを行えるワケです。

■すべてを記録されている個人信用情報機関

私たちの今までの金融履歴はすべて個人信用情報機関というところに記録されています。

金融履歴というのは、今まで組んだローンの契約や、クレジットカードの利用履歴、また現在利用している消費者金融の数、返済履歴などです。

この記録に延滞した記録や、数社の消費者金融から借り入れをしている記録があると、審査に通りにくくなります。

キャッシング会社にとっては審査のみで貸付をするワケですから、合格するには借りる方も過去そして現在の金融履歴をクリアに

していなければいけません。

自分の金融履歴に不安がある方は個人信用情報機関で開示してもらえますので審査を受ける前に確認しておくと良いでしょう。