銀行系

秋田銀行カードローン プライムローンはここがすごい

秋田銀行のカードローンのプライムローンは何と言っても金利面が同業他社に比べると圧倒的に安いです。

金利幅は年5.0%から9.8%と低金利帯で設定されています。

特に50万円、100万円あたりの限度額ですとかなり安い金利です。

また、秋田銀行で住宅ローンを利用していますと最大で年1.3%の金利を下げてくれるという特典までついています。

口座にお金がないと気であっても自動融資機能が付いていますので、お金がない時に口座引き落としができないような場面でも安心できます。

ですので、秋田銀行を利用できる環境にあるかたで、当銀行で色々なサービスも利用しているような状況でしたらかなりお得に利用ができるカードローンだと思います。

消費者金融のアレコレ

便利ですがキャッシングも借金です

結婚した当初、仕事を辞めて専業主婦になりました。

少ししたら働きに出る予定だったのですが、そんな時に旦那も大怪我をしてしまって急に2人して無収入になってしまいました。

最初は貯金があって助かったのですが、そんなにたくさん貯金があるわけではなく、また結婚式や新婚旅行で使ってしまっていたので、すぐにお金に困り、キャッシングをしました。

すぐに手元にお金が入ってとても安心したのですが、そのあとの返済で、キャッシングも借金だと実感をしました。

便利なサービスですが、キャッシングを使わないに越したことはありません。

予定より早く仕事が決まって働けたので良かったのですが、今後のことを考えて、毎月少しずつでも貯金していこうと思います。

消費者金融のアレコレ

消費者金融のキャッシング限度額とは

消費者金融で契約するとキャッシングの「限度額」というものが設定されます。これは、その消費者金融で借入することのできる上限の金額となり、収入などに応じて決定されます。もちろん必要な金額のみ借入をすることは可能で、「限度額ぎりぎりまで借入をしなければならない」というわけではありません。

この消費者金融での限度額は、利用して行くうちに、返済状況や収入などに応じて「増額申込み」をすることが可能になる場合があります。また、増額については、消費者金融側から「増額が可能です」という案内が行われる場合もあります。なお、キャッシングの限度額を増やす場合は、利用目的や返済計画をきちんと考えて行うことをおすすめします。

消費者金融のアレコレ

アルバイトの人々がキャッシングを使う場合において気をつけるポイントとは

キャッシングの利用条件である満20歳以上で一定の収入があるのであれば、キャッシングの利用が出来る可能性があります。アルバイトでも、定期的に収入がある事を証明する事で、キャッシングの審査を通過する事が出来ます。

アルバイトの人々がキャッシングを利用する際に気をつけておくべき事は総量規制という仕組みです。貸金業法によって、限度額の総額が年収の3分の1までに制限されており、アルバイトの年収が低い場合は限度額も低くなってしまいますので、借り入れ出来るお金の金額は少なくなってしまいます。しかし、利用実績がしっかりとしていれば、増額という仕組みで限度額を増やす事も出来ますので、計画的にキャッシングを使って実績を積んでいきますとアルバイトでもキャッシングの使い途が広がります。

消費者金融のアレコレ

2年連続顧客満足度No.1のSMBCモビット

数あるカードローンの中で顧客満足度2年連続1位に輝いたのは、SMBCモビットです。竹中直人さんと夏菜さんのテレビCMですっかりお馴染みとなりましたが、どこに人気の秘密があるのでしょうか?大手消費者金融の中で唯一無利息サービスもなりませんし、無人店舗数も他社よりも少ないです。

その答えは、WEB完結申込みにあると推測できます。WEB完結申込みは今さら珍しくはありませんが、SMBCモビットのWEB完結申込みは電話連絡・職場への在籍確認・郵送物・カードがないのです。ですから会社や家族にカードローン利用がばれる可能性が限りなく低いのが1番の理由なのです。

ちなみにWEB完結申込みは誰でもできるわけではなく、主に会社にお勤めの方のみ利用できます。その他細やかな条件があり、事前に準備する必要はあります。

申し込み

アルバイトであってもキャッシングは可能

クレジットカードや銀行のカード利用して、現金を借りるキャッシングですが、正社員でなければキャッシングができないわけではありません。アルバイトのような非正規社員であっても、キャッシングをすることができます。

大切な事は、キャッシングの申請をするときに、正しく自分のことを伝えることです。アルバイトであっても、一定の収入はありますので、収入の金額をきちんと報告します。こうするとその収入の金額に応じて、キャッシングをすることができる利用金額を会社側が決めてくれます。

正社員との大きな違いは、借りることができる金額に違いがあることです。アルバイトだと、1階のキャッシングで利用することができる限度額は 100,000円程度に設定されることが多いです。

利息

キャッシングの利息が心配な人は無利息期間を活用しよう

一般の人が手軽にお金を借りられる方法としては消費者金融のキャッシングがとても有名で利用者も大勢います。しかし、消費者金融のキャッシングは金利が高いというデメリットな面があり、利息の支払いが心配だという人のなかには消費者金融のキャッシングの利用を敬遠している人も少なくはありません。

たしかに消費者金融のキャッシングは返済を終えるまで毎月利息を支払い続けなくてならず、その点が心配だという気持ちは十分に理解することができます。ただし、一部の消費者金融ではサービスの一環として無利息期間を設けている業者もあり、そのようなサービスをうまく活用することができれば利息なしでキャッシングを利用することも可能です。

消費者金融のアレコレ

契約書にある極度額って?限度額とは違うの?

キャッシングを契約するとその詳しい内容が記載された契約書の発行を受けますが、そこには極度額という記載はあっても限度額はどこにも書かれていないことに気付くと思います。

これが限度額かと思っても、実際の限度額よりかなり高くなっていることがほとんどです。では、この極度額とは何なのかと言えば、他社からの借り入れ一切なく、他にも審査に不利になる条件が全くない場合において、最高でこの人にここまで貸すことができるという金額です。

その為、多くの場合は年収の1/3に当たる金額がそのまま記載されています。実際の限度額は30万円でも、年収が300万円の場合は極度額は100万円となっているはずです。今はそこまで借りることはできなくても、今後そこまで借りられるようになる可能性があるということです。

何故限度額を記載しないのかというと、限度額は利用状況などによって変化することがあるからです。極度額の記載だけにしておくことで、限度額が変わる度に契約をし直す必要が無くなります。また、極度額までの金額であれば実際にどこまで貸すかは貸す側が自由に決めることができるので、このような記載になっているのです。

現在の実際の限度額は自分で覚えておくのが一番ですが、ATMを利用する際や利用明細書などから確認ができます。すぐに知りたい場合は電話で利用しているキャッシング会社に聞いても構いません。

このように、極度額はあくまで将来的に借りることができる可能性のある最高金額なので、契約書が届いて最初にこれを見て、ここまで借りられると勘違いしないように気を付けてください。