総量規制

総量規制とは何かと言うことを知っておく!

あなたがもしキャッシングを利用するにあたり「総量規制」と言う言葉を耳にすることがあると思います。キャッシングで借り入れを行う金額を左右するこの総量規制と言う言葉について知っておきましょう。

総量規制と言う言葉の意味として「年収の3分の1以上をキャッシングで貸し付けることができない」と言う法律のことを指します。つまり年収300万円の人が100万円以上を借りようとした場合にはこの総量規制に基づき、借り入れを行うことができません。

しかしながら、消費者金融や銀行にはその総量規制に関係なく貸付を行えることがあり、そのことを総量規制対象外といいます。この総量規制対象外によって年収の3分の1以上の借り入れを行うことができるのです。その際には別な審査がありますので、その審査を無事通過することができれば年収の3分の1以上借りられることができます。高額な借り入れを利用すると思っている際には十分注意しておきましょう。

総量規制

総量規制対象外の借り入れには注意も必要です

複数の借り入れをまとめて一本化するおまとめローンや、目的別ローンと呼ばれる借りたお金の使い道が決まった契約は消費者金融を利用しても総量規制の対象外になりますが、これらを利用する際には注意が必要になります。

確かに年収の1/3をいう枠を超えた金額まで借りることができるこれらの契約はとても重宝できますが、このような借り入れを行うと、それ以降のキャッシングは利用できなくなる場合がほとんどだと考えてください。

例えばおまとめローンを組むと、後はその返済だけを行っていくだけになると考えてください。追加での借り入れはまず行うことができません。それは、おまとめローン自体は膨らんでしまった借金の返済の為のローン契約だからです。これを組んだ後にまた借金をするようではとても完済はできません。おまとめローンを組んだということは信用情報よって分かるので、他社でもそのような人には原則的に融資は行いません。

目的別ローンでも一緒です。この場合は車の購入など、おまとめローン以上に高額の借り入れを行っていることもあるので、やはり信用情報からそれが分かり、どこを利用しようとしても追加でのキャッシングはまず行うことができません。

総量規制の対象外となるキャッシングは使い所がポイントです。それを返し終わるまでもうキャッシングはしないと決めた時に利用することをおすすめします。