審査

キャッシングの限度額の基準は法律で決まっている

キャッシングの限度額の基準は法律で決まっています。

キャッシングは、貸金業法という法律によって提供されている少額融資のサービスであり、銀行法で提供されている大口の融資のサービスとは全く異なる融資のサービスのことを言います。

最も異なる点は、キャッシングには総量規制という融資の枠に関する規制が存在することです。

総量規制は、融資の申請をしている人の年収の三分の一を上限として融資の枠に限度を設定する規制のことを言います。

当然、総量規制の目的は無意味な融資によって融資の契約に関わっている当事者同士のトラブルを無くすことにありますので、勝手な判断によってこの規制を破ることは出来ません。

総量規制の限度額の考え方は非常にシンプルでわかりやすいものです。

例えば、年収300万円の人がお金を借りるときには限度額が100万円になるわけですが、この100万円という基準は全ての貸金業者を含んだものになります。

つまりある会社から20万円のお金を借りたときには、他の会社からは差額の80万円を借りることが出来るわけです。

総量規制が適用されるサービスは限度額がある反面、審査が非常にゆるくなっているという大きなメリットがありますので、複数の会社からでもお金を借りることが出来るということを忘れてはいけません。

審査

自衛官のキャシング審査は通りやすいです

自衛官のキャシング審査は通りやすいです。自衛官は国家公務員という立場にあたり、全国移動が当たり前ですが、ほかの公務員と比べてもキャシング審査に通りやすいです。実は自衛官は定年制度が早いのでその分年収が高めに設定されています。

ですから同じ年齢の公務員と比べると収入が高いので、キャシングの審査も優遇されているのです。キャシングの審査には身分証明書が必要になりますが、自衛官の場合運転免許がなくても身分証明書は必ずあります。これさえあれば銀行系も消費者金融会社も一発で信用してくれるのです。

その点では一流サラリーマンよりキャシングの審査に通りやすいと言えるでしょう。もちろん定年が早い分使い方、返済の仕方をよく考えて利用するのが最重要科目です。さらに自衛官がキャシングをする場合は全国移動したときの返済方法を考えなければいけません。

もし移動した先にキャシング会社がなければ返済しにくい、相談しにくいといったトラブルが発生するからです。ですからできれば全国に店舗のある大型キャッシング会社を選ぶほうがいいのです。さらに結婚していない若い隊員は基地内に居住スペースがあって衣食住と何でもそろっているのでs、現金を使いがちですが、キャッシングを利用する場合、計画的に考えていきましょう。

審査

アコムの審査に落ちた時の対応策とは

アコムで借り入れをする際は審査があり、それに落ちてしまうこともままあります。

そのような場合の対応策としては、以下のような物が挙げられます。

一つ目は、「半年ほど経ってから再び申し込む」。

アコムの審査に落ちても、二度と申し込めないわけではありません。

ですから、どうしてもアコムを利用したい場合は、再び申し込むのもありです。

ただし、落とされてからすぐに申し込むのはやめておくべきです。

「審査に落ちた」という情報は、信用情報機関という所に登録されるからですが、それは半年ほどで消えるので、そこまで待ったほうがよいでしょう。

また、他の業者からも借り入れなどをしている場合は、利用額や件数を減らすなどしておくと、印象がよくなります。

二つ目は、「他の業者に申し込む」。

特にアコムでなければいけないというわけでないならば、他の業者に申し込んでみましょう。

ただし、この場合も、落とされてからすぐに申し込むのは避けるべきです。

少なくとも、3ヵ月は待ったほうがよいでしょう。

三つ目は、「審査基準を満たしておく」。

アコムの審査には一定の基準があり、それをクリアーしていないと、何度申し込んでも同じ結果になります。

ですから、もし基準を満たしていないのであれば、まずそれをクリアーしておきましょう。

審査

キャッシング審査っていったい何なの?

キャッシングをするには誰でも必ず審査を受けて合格しなければ利用することはできません。

キャッシングを初めてする方も何度も利用している方も、キャッシングの審査方法について見直してみましょう。

■審査は保証人なしと担保なしの代わり

消費者金融は銀行のように保証人なし、担保なしでキャッシングしてくれます。なぜそんなことが可能なのでしょうか?

それは徹底したデーターベースによる審査方法を消費者金融が行っているからに他ありません。

審査内容に自信があるからこそ、借り倒れのリスクをある程度背負ってでも保証人なし、担保なしで貸し付けを行えるワケです。

■すべてを記録されている個人信用情報機関

私たちの今までの金融履歴はすべて個人信用情報機関というところに記録されています。

金融履歴というのは、今まで組んだローンの契約や、クレジットカードの利用履歴、また現在利用している消費者金融の数、返済履歴などです。

この記録に延滞した記録や、数社の消費者金融から借り入れをしている記録があると、審査に通りにくくなります。

キャッシング会社にとっては審査のみで貸付をするワケですから、合格するには借りる方も過去そして現在の金融履歴をクリアに

していなければいけません。

自分の金融履歴に不安がある方は個人信用情報機関で開示してもらえますので審査を受ける前に確認しておくと良いでしょう。

審査

スマホアプリで本人確認書類を提出するだけで借り入れができました

私はスマホを使って金融機関にキャッシングの申し込みをしたのですが、アプリを使えば簡単に手続きをすることができました。お金を借りるうえで必要とは言え複雑で難しい作業を自分1人ですることができるだろうかと心配していたのですが、スマホのアプリを使えば簡単でした。慣れていなくても知識がなくても、すぐに手続きができたったこれだけでいいのかとびっくりしました。何より、来店せずにお金を借りられるというところが良かったです。

本人確認書類として運転免許証が認められていたので、私はこれを提出することにしました。50万円を超えている場合は収入証明書が必要ですが、私は10万円だったので収入証明は免除され本人確認書類だけで手続きが完了しました。手早く簡単に手続きを終えられて、良かったです。

審査

キャッシングの審査にかかる時間

最近では、申し込みをすれば最短30分で審査が完了する業者が増えてきています。ただ、この30分というのは特に問題なく審査が進んだ場合の時間で、審査を受ける人の条件に問題がある場合や、高額融資を希望する場合は、30分では審査が終わらない可能性が高くなります。更に、職場に人がいないなど、その日のうちに在籍確認ができない時には、審査結果は翌日以降にならなければ出ない状態となってしまいます。

最短30分と書かれていれば、30分後には契約ができると考える人は少なくありません。しかし、条件によっては30分では審査が完了しないことも珍しくないため、急ぐ場合でも時間的な余裕を持った状態でキャッシングの申し込みをすることが大切です。