消費者金融のアレコレ

主婦がキャッシングを利用できる条件

キャッシングは原則的にその本人自身に収入がないと利用できませんが、専業主婦に限っては配偶者である夫の収入を元にした契約を行うことができます。そのような契約は配偶者貸付制度と呼ばれ、主に銀行カードローンで行うことが可能です。消費者金融ではまずこの制度を採用していません。よって、消費者金融を利用するには本人自身に収入がないとまず無理だと考えてください。

配偶者貸付制度を利用して銀行カードローンの契約を行う場合、夫との婚姻関係を証明する為に本人の身分証明書の他に住民票が必要になることがあります。そして、例え夫の収入が多い場合でも、30万円までの限度額になることがほとんどです。利用するキャッシングによっては50万円までのこともありますが、どれだけ夫に収入があったとしても、その中から主婦側が自由に使える分がいくらあるのかまでは分からないので、基本的には30万円まで、多くても50万円までになります。

また、パートなどで本人に収入がある場合は夫を頼りにせず、それを元に契約を行うことができます。ただし、その収入を年収に換算した1/3までの限度額になるので、そう高額を借りることはできません。毎月パートで3万円の収入があるという場合だと、限度額はいいところ10万円です。主婦が自分自身の収入を元にキャッシングの契約を行うことは不可能ではありませんが、かなり厳しい条件でも契約になると思ってください。

尚、夫の収入を元にした配偶者貸付制度を利用しても、その夫にキャッシングの契約についての連絡をすることはありません。職場に連絡をするようなこともないので、基本的には内緒で利用することができます。ただし、返済をきちんと行わないと催促の連絡が自宅まで来ることがあるので、夫に内緒で利用する際は返済だけには気を付けてください。