銀行系

楽天ローンを使ったキャッシングで効率的な使い方をする

楽天銀行が個人向けに実施している楽天ローンは利用者が多いです。その理由は、ネット銀行ならではの借入利率の低さとスマホやパソコンによる会員メニューからの利用が行える利便性が高いからです。楽天ローンを使ったキャッシングで借りたお金は、色々なシーンで様々な使い方が行えますので、借入利率が低い楽天ローンはユーザーにとって使い易い融資サービスであると言えます。

楽天ローンを利用する場合には、楽天銀行の口座を持っていた方が便利ですが、既に持っている主要な銀行の口座でも楽天ローンを利用する事は可能です。提携ATMが多く、契約後は24時間融資や返済の手続きが出来ますので、ユーザーの都合の良い時間帯にサービスを使えるという安心感もあります。

体験談

小さいころから憧れていたロードレース

小学校に入る頃にはロードバイクの魅力にぞっこんだった僕は、社会人になった記念に念願のマイバイクを買う事にしたのですが、実際に店頭に行ってみるとその値段の高さに驚きました。

僕の考えが甘かったんだなぁと部屋でテレビを見ているときにモビットのCMを目にしました。

審査は大丈夫だろうか?返済は?なんて不安も、すぐに吹っ飛ぶくらいの手軽さと安心感。

ボーナスとキャッシングをあわせて念願の赤いロードバイクを手に入れる事ができ休みのたびにプチ旅行を楽しんでいます。

出先で急な出費があった時もキャッシングで楽々便利に解決できるし、思っている以上に返済も負担にならないし。

次のボーナスでもキャッシングして今度はワンランク上のモデルをゲットしようかと考えています!

銀行系

三井住友銀行カードローンでキャッシングをすると不都合になる点もあるので注意が必要

三井住友銀行カードローンは大手銀行のカードローンなので安心してお金を借りる事が出来ます。また手数料が無料で利用する事が出来るATMが多いのも魅力です。それでキャッシングをする時に三井住友銀行カードローンを選ぶ人が多いですが、不都合になってしまう点も少なからずあるので確認してから利用する必要があります。

三井住友銀行カードローンは振込キャッシングのサービスがありません。最近では振込キャッシングを利用している人も多いので三井住友銀行カードローンでキャッシングする時は不都合になってしまう可能性があります。また三井住友銀行の口座を持っていないと利用する事が出来るサービスが少なくなってしまうので三井住友銀行カードローンでキャッシングをする時は口座を開設しておいた方がいいです。

即日融資

急な出費には即日融資可能なキャッシングが便利

すぐに対処することができないことのひとつに急な出費があります。あらかじめ予想できる範囲内の出費であれば前もって予算を組んで手持ちの現金を余分に持っておくなどの対処法がありますが、全く予想していなかった出費を伴う予定が入ってしまったというときにはすぐに対処することができないからです。

そのようなときには消費者金融のキャッシングがおすすめです。消費者金融のキャッシングならばウェブ上からや自動契約機からすぐに申し込みの手続きをすることができわざわざ業者の店舗に足を運ばずに済み、即日融資を受けることも可能だからです。手持ちの現金があまりないというときの急な出費には消費者金融のキャッシングがとても便利です。

銀行系

東京スター銀行カードローンの2つのメリット

東京スター銀行はおまとめローンのサービスを提供している事で有名ですが、普通のカードローンのサービスも提供しています。それでお金が必要になった時に東京スター銀行カードローンを利用する人もいますが、どのようなメリットがあるのか分からない人も少なくないでしょう。そこで東京スター銀行カードローンのメリットを挙げていく事にしましょう。

・上限金利が15%以下で設定されている

銀行カードローンは低金利と言われていますが、中には上限金利が18%に設定されていて消費者金融のような条件になっている事もあります。しかし東京スター銀行カードローンは上限金利が14.6%に設定されているので低金利に分類されます。上限金利が15%以下で設定されている点がメリットになります。

・アルバイトや専業主婦が利用しやすい

銀行カードローンは審査が厳しいと言われているのでアルバイトや専業主婦は利用しにくい部分があります。しかし東京スター銀行カードローンはアルバイトや専業主婦にも積極的に貸付を行っています。審査も柔軟に行ってくれるのでアルバイトや専業主婦が利用しやすいカードローンと言えます。

東京スター銀行カードローンはこのようなメリットがあるのでお金が必要になった時に利用してみるといいでしょう。

利息

金利の高い銀行カードローンには理由がある?

一般的に銀行カードローンは消費者金融より金利が低くなっています。この理由は、貸し出す資金の調達にその銀行の預金がそのまま利用できるからです。元々銀行は預けてもらったお金を様々なローンとして貸し出すことで、預金者に支払う利息との差額で利益をあげています。

対する消費者金融は自己資金だけで行っている場合はともかく、預金を集めるという行為が行えない為、銀行から借りたお金を貸していることが多いです。よって、銀行より低い金利で貸すということは難しく、カードローンでも銀行より高い金利設定になっています。

ですが、中には銀行でも消費者金融並に金利の高いカードローンがあります。その代表的な2つは新生銀行のレイクとオリックス銀行のカードローンです。これらは共に最高金利が年利18%で、消費者金融のそれと全く変わりません。何故この2つの銀行カードローンはこんなに金利が高いのでしょうか?

それは、まずレイクは元は大手消費者金融だったので、その時代からの金利設定を引き継いでいるからです。レイクが銀行カードローンになったのは2011年の10月からで、それ以前から利用していた人と条件が変わってしまっては色々な不都合がある為、銀行カードローンとなった現在でも消費者金融と同等の金利設定のまま提供されています。

そして、オリックス銀行は普通預金口座を提供していない信託口座専用の銀行です。つまり、それほど預金を頻繁に集められるという性質ではない為、どうしても金利を高くせざるを得ないのです。

ただ、2つのカードローンとも金利が高いというだけでは誰も利用しようとは思いません。そこで、レイクでは無利息サービスとATMの手数料が無料という2つのサービスを売りにしており、オリックス銀行でもATMの手数料が無料で、更にどのATMからでも千円単位での借り入れが可能となっています。このような他ではまず見ないサービスを提供している為、金利が高くても利用者が多いのです。

特にこの2つの銀行に共通するATMの手数料が無料という点は、頻繁にATMから利用する人にはかなりお得なサービスになります。このように、一見銀行カードローンにしては金利が高い場合、それを補うべく提供しているサービスがあると考えていいでしょう。

審査

キャッシングの限度額の基準は法律で決まっている

キャッシングの限度額の基準は法律で決まっています。

キャッシングは、貸金業法という法律によって提供されている少額融資のサービスであり、銀行法で提供されている大口の融資のサービスとは全く異なる融資のサービスのことを言います。

最も異なる点は、キャッシングには総量規制という融資の枠に関する規制が存在することです。

総量規制は、融資の申請をしている人の年収の三分の一を上限として融資の枠に限度を設定する規制のことを言います。

当然、総量規制の目的は無意味な融資によって融資の契約に関わっている当事者同士のトラブルを無くすことにありますので、勝手な判断によってこの規制を破ることは出来ません。

総量規制の限度額の考え方は非常にシンプルでわかりやすいものです。

例えば、年収300万円の人がお金を借りるときには限度額が100万円になるわけですが、この100万円という基準は全ての貸金業者を含んだものになります。

つまりある会社から20万円のお金を借りたときには、他の会社からは差額の80万円を借りることが出来るわけです。

総量規制が適用されるサービスは限度額がある反面、審査が非常にゆるくなっているという大きなメリットがありますので、複数の会社からでもお金を借りることが出来るということを忘れてはいけません。

返済

手軽なキャッシングだけど返済を考えて

キャッシングは今やネットで簡単に申し込めるので、

審査を通過すれば何とも気軽にお金が引き出せて

金銭感覚が狂うと言う人もいます。

手軽というか、気楽な借金ですね。

突然の出費で困っていても、

即日入金という金融会社もありますから

身分を証明するものを持っていれば

いつでもお金には困らないということでしょうか。

でもコマーシャルでも言っていますが、

利用するには計画的に返済することを頭に置かないと

大変な事になります。

機械で簡単に引き出せても、それは自分のお金ではないのです。

ボーナスがドカンと入るから、

それで返せるという案があればいいのですが、

ボーナスもないのに毎月の給料から返済するのは

大変なことです。

誰でも余裕のある生活はそんなにしていません。

自分に合った生活をしていかなければ、

すぐにキャッシングに頼り、またそれで足りなければ

他に頼る事になってしまうのです。

手軽なキャッシングだけど、返済する事を考えて利用しましょう。

キャッシングを否定しているのではなく、

自分に合った金額設定は必要ということです。

借りたら返す。

キャッシングは返済を怠ってはいけません。

今は金融会社も1カ月無利息キャンペーンなどやっていますので、

うまく利用して賢く金欠状態を切り抜けていきましょう。

銀行系

バンクイックより楽天銀行スーパーローンの方を選ぶ2つの理由

銀行カードローンを利用する時に大手銀行のカードローンの三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックとネット銀行のカードローンの楽天銀行スーパーローンのどちらにするか迷ってしまう人が多いです。大手銀行のカードローンの方が安心感があるのでバンクイックを選ぶ人が多いですが、最近では楽天銀行スーパーローンを選ぶ人も増えてきています。そこでなぜバンクイックより楽天銀行スーパーローンの方を選ぶのか理由を挙げていくことにしましょう。

・ネットですべての手続きをする事が出来る

バンクイックを利用する時は来店して手続きをする事も出てくるので住んでいる場所の近くに銀行がないとすごく不便です。しかし楽天銀行スーパーローンを利用する時はネットですべての手続きをする事が出来るのですごく便利です。楽天銀行スーパーローンの方が利便性が高い点が選ばれる理由になります。

・上限金利が低く設定されている

バンクイックの上限金利は14.6%、楽天銀行スーパーローンの上限金利は14.5%で設定されていて楽天銀行スーパーローンの方が0.1%低くなっています。0.1%だとあまり変わらないような気もしますが、多額の借り入れをする時は影響してくるので上限金利が低く設定されている楽天銀行スーパーローンを選ぶ人が多いです。

利息

キャッシングの利息の支払い方

キャッシングをしたお金には利息が掛かりますが、この分の支払いについて説明したいと思います。

例えば10万円を年利18%、12回払いで借りた場合、全12回の支払いで元金、利息ともに支払うことになります。別に利息だけを支払うような必要はありません。

キャッシングの利息はクレジットカードのリボルビング払いのような形で支払っていきます。つまり、毎回の返済額の中に利息分も含まれているのです。返済を行う度に利息の元となる元金が減っていくので、序々に返済額に含まれる利息も減っていく仕組みです。

上の年利18%で10万円を12回で返済する場合、毎回の返済額は9,167円になりますが(12回目のみ9,174円)、最初の返済ではそのうち1,500円が利息分となり、元金の返済に充てられるのはそれを差し引いた金額です。2回目には最初より元金が減っていることから、同じ9,167円を返済してもそのうちの利息分は1,384円になり、返済回数が進むに連れて元金へ充てられる金額も序々に増えていきます。

このような繰り返しで返済を行っていくので、年利18%をちょうど12回の1年で返済したとしてもそのまま18%が利息として上乗せされるという訳ではないのです。この例では12回合計して返済する金額は110,011円になり、そのうち利息分は10,011円です。

キャッシングの返済はこのように毎回の返済額の中に利息分も含まれているので、利息を特に意識することはありません。普通に返済を行っていれば、利息もきちんと支払っているということです。

即日融資

レイクから来店不要で即日融資を受けるには

レイクでは来店不要で即日融資を受けることが可能です。
どうしても今日中にお金が必要と言った時に便利です。

来店不要で即日融資を受けるにはまずはインターネットでレイクのカードローンにお申込みします。
必要事項に入力して送信されるとすぐにパソコンやケータイ、スマートフォンの画面に審査結果が表示されます。

運転免許証や健康保険証など本人確認書類の提出はアプリやメール、FAXで来店不要で行えます。
画面上に表示される審査はまだ仮審査、その後に本審査が行われ合格次第、即日金融機関口座にお金が振込されます。

ただし振込業務ができる時間の関係で、平日14時までに必要書類の確認まで完了していないと即日振込が出来ないです。
平日14時以降は翌営業日に振込されますので、急ぎのときは早めの時間からお申し込みを開始したほうが良いです。

もし過ぎてしまった時はレイクの自動契約機までご来店すればまだ即日融資が受けられます。

レイクの自動契約機は初めて契約される方で21時まで当日融資に対応しています。

カードが発行されますので受け取り後、ATMからお金を借りることが可能です。

来店することが必要ではあるものの、遅い時間でも即日融資が受けられると言うのは大きなメリットです。

申し込み

学生がキャッシングを利用するために必要な2つの条件

学生でもキャッシングを利用することはできるのでしょうか。結論から言うと、キャッシングを利用することはできます。しかし、そのためには2つの条件が必要です。それは何でしょうか。

まず1つ目の条件は満20歳以上であるということです。学生でも10代の場合にはキャッシングを利用することはできません。それで、年齢の条件を満たしておくことは必須です。

2つ目の条件は何でしょうか。それは収入があるということです。とはいえ、学生の場合には会社勤めすることができませんので、アルバイトでも大丈夫です。さらに、どのような条件だと審査に有利になるのでしょうか。それは同じ職場でアルバイトを長く行っている、つまり勤続年数が長い。さらには収入の額が大きい、つまりアルバイトの時給が高いと審査にはより有利になります。

以上に2つの条件を満たしているのであれば、学生だとしてもキャッシングを利用することはできます。とはいえ、注意も必要です。それは借りすぎないということです。特に、アルバイトをしていて収入があると言っても、会社勤めをしている人からすると限られています。それで、借り入れ金額を少なくして、本当に必要な金額だけを借り入れるようにしましょう。

審査

自衛官のキャシング審査は通りやすいです

自衛官のキャシング審査は通りやすいです。自衛官は国家公務員という立場にあたり、全国移動が当たり前ですが、ほかの公務員と比べてもキャシング審査に通りやすいです。実は自衛官は定年制度が早いのでその分年収が高めに設定されています。

ですから同じ年齢の公務員と比べると収入が高いので、キャシングの審査も優遇されているのです。キャシングの審査には身分証明書が必要になりますが、自衛官の場合運転免許がなくても身分証明書は必ずあります。これさえあれば銀行系も消費者金融会社も一発で信用してくれるのです。

その点では一流サラリーマンよりキャシングの審査に通りやすいと言えるでしょう。もちろん定年が早い分使い方、返済の仕方をよく考えて利用するのが最重要科目です。さらに自衛官がキャシングをする場合は全国移動したときの返済方法を考えなければいけません。

もし移動した先にキャシング会社がなければ返済しにくい、相談しにくいといったトラブルが発生するからです。ですからできれば全国に店舗のある大型キャッシング会社を選ぶほうがいいのです。さらに結婚していない若い隊員は基地内に居住スペースがあって衣食住と何でもそろっているのでs、現金を使いがちですが、キャッシングを利用する場合、計画的に考えていきましょう。

審査

アコムの審査に落ちた時の対応策とは

アコムで借り入れをする際は審査があり、それに落ちてしまうこともままあります。

そのような場合の対応策としては、以下のような物が挙げられます。

一つ目は、「半年ほど経ってから再び申し込む」。

アコムの審査に落ちても、二度と申し込めないわけではありません。

ですから、どうしてもアコムを利用したい場合は、再び申し込むのもありです。

ただし、落とされてからすぐに申し込むのはやめておくべきです。

「審査に落ちた」という情報は、信用情報機関という所に登録されるからですが、それは半年ほどで消えるので、そこまで待ったほうがよいでしょう。

また、他の業者からも借り入れなどをしている場合は、利用額や件数を減らすなどしておくと、印象がよくなります。

二つ目は、「他の業者に申し込む」。

特にアコムでなければいけないというわけでないならば、他の業者に申し込んでみましょう。

ただし、この場合も、落とされてからすぐに申し込むのは避けるべきです。

少なくとも、3ヵ月は待ったほうがよいでしょう。

三つ目は、「審査基準を満たしておく」。

アコムの審査には一定の基準があり、それをクリアーしていないと、何度申し込んでも同じ結果になります。

ですから、もし基準を満たしていないのであれば、まずそれをクリアーしておきましょう。

審査

キャッシング審査っていったい何なの?

キャッシングをするには誰でも必ず審査を受けて合格しなければ利用することはできません。

キャッシングを初めてする方も何度も利用している方も、キャッシングの審査方法について見直してみましょう。

■審査は保証人なしと担保なしの代わり

消費者金融は銀行のように保証人なし、担保なしでキャッシングしてくれます。なぜそんなことが可能なのでしょうか?

それは徹底したデーターベースによる審査方法を消費者金融が行っているからに他ありません。

審査内容に自信があるからこそ、借り倒れのリスクをある程度背負ってでも保証人なし、担保なしで貸し付けを行えるワケです。

■すべてを記録されている個人信用情報機関

私たちの今までの金融履歴はすべて個人信用情報機関というところに記録されています。

金融履歴というのは、今まで組んだローンの契約や、クレジットカードの利用履歴、また現在利用している消費者金融の数、返済履歴などです。

この記録に延滞した記録や、数社の消費者金融から借り入れをしている記録があると、審査に通りにくくなります。

キャッシング会社にとっては審査のみで貸付をするワケですから、合格するには借りる方も過去そして現在の金融履歴をクリアに

していなければいけません。

自分の金融履歴に不安がある方は個人信用情報機関で開示してもらえますので審査を受ける前に確認しておくと良いでしょう。

おまとめ

おまとめローンを使うメリットと選び方

消費者金融会社でキャッシングのサービスを利用している人々は多いですが、複数の金融会社からお金を借りて、1ヶ月間に何度も返済をしなければいけないといった状況になっているユーザーがいます。ゆとりを持って返済が出来るようにしていくには、おまとめローンを使うのが良いでしょう。

おまとめローンは、ユーザーが現在利用しているキャッシングの全額を返済出来るだけの融資を行ってくれる融資サービスです。この新たに借りたお金が今まで複数の金融会社に返済していたお金の代わりに、返済していくお金となります。その為、返済をする窓口を一つに集約する事ができ、時間的なゆとりが出てきますので、返済がしやすい環境を構築出来て、計画的に返済可能です。

消費者金融のアレコレ

モビットは振込キャッシングでお金を借りた方がいい2つの理由

モビットは即日融資に対応しているので急にお金が必要になった時に利用する事がありますが、借入方法が振込キャッシングと提携ATMがあるのでどちらの方法で借りるか悩んでしまう人もいるでしょう。提携ATMはコンビニに設置されているので便利ではありますが、振込キャッシングを利用した方がいいと言われています。そこでなぜモビットでお金を借りる時に振込キャッシングの方がいいのか理由を挙げていく事にしましょう。

・手数料が無料

提携ATMを利用してお金を借りる時は1万円以下の時は1回108円、1万円以上の時は1回216円の手数料がかかってしまいます。しかし振込キャッシングを利用してお金を借りる時は手数料がかかりません。手数料が無料の方が当然お得なので振込キャッシングを利用した方がいい理由になります。

・周囲の視線を気にする必要がない

提携ATMはコンビニに設置されているので実際に利用している時にお金を借りているところを誰かに見られてしまう可能性があります。それで周囲の視線を気にしながらお金を借りなければいけません。しかし振込キャッシングを利用すれば振り込まれた口座から現金を引き下ろすだけなので周囲の視線を気にする必要がなくなります。

利息

金利の低いフリーローンはカードローンより審査が厳しいとは勘違い?

キャッシングと言えば、繰り返し利用できるカードローンと一括融資を受けて毎月返済するフリーローンの2パターンが一般的です。金利条件で言えば、カードローンよりはフリーローンの方が低く設定されていることが多くあります。

では、金利が低いフリーローンは、カードローンに比べ、審査が厳しいかというとそうではあります。カードローンは利用限度枠内であれば繰り返し利用できるため、借入額が高くなり易く、返済不能になるリスクも高まります。つまり、その影響が金利に反映されてしまうため、高金利になります。一方で、返済のみとなるフリーローンは、借入額が減少するため、融資リスクは結果として低くなっていきます。

繰り返し利用できるという違いだけだ、同じ無担保キャッシングでも差がでるだけであり、カードローンに比べ、極端に審査が厳しくなるものではありません。

先ずは、審査の厳しさだけに捕らわれて、カードローンだけを選択肢にしないことが重要です。

利息

初めて利用した日から30日間が無利息になるプロミス

はじめてのキャッシングの時は、金利優遇サービスのある業者が有利に借りることができます。

三井住友銀行グループのプロミスは、契約時にEメールアドレスの登録とweb明細利用を選んだ場合に30日間無利息でキャッシングサービスを利用することができます。

この無利息期間ですが、初回利用した翌日から30日間が無料になりますので、すぐに返済する予定がある方、次の給料日まで足りない分を借りたいという人にはありがたいサービスとなっています。

契約した日からではなく利用した翌日から30日間が適用となり、その期間内であったら途中で追加融資を受けた分に関しても利息はかかりません。

借りたお金を期間内に返済してその後に借りたとしてもそれが30日以内なら利息はかかりませんので、はじめてのキャッシングの場合は30日間は利息の心配することなくお金を借りることができます。

30日経過後に借り入れ残高がある場合は、その残高に対して30日以降から利息がかかるだけです。

返済が終わっていなくても30日間分はまるまる無利息で借りることができるのです。

借りる時も返す時も銀行やコンビニATMが使えますので、わざわざ店舗まで出向く必要もありません。

プロミスは忙しい時でも自宅からweb申し込みで審査から借り入れまで来店せずに完結することができますし、申し込み受付は24時間です。

初めてキャッシングを利用するということで不安がある人は女性専用のダイヤルも用意されていますのでそちらを利用してみてもいいですね。

銀行系

インターネットに力を入れている 楽天銀行スーパーローン!

キャッシング業者には銀行カードローンと消費者金融がありますが、利用する時の安心といえば銀行カードローンの方があると思います。その銀行カードローンの中に知名度大手銀行の他にネットバンキングもあります。最近ではインターネットの発達により各キャッシング業者ともインターネットでの申し込みが主流となっていますが、出来れば申し込みから借り入れまでの手続きをインターネットだけで済ましたいのが本音です。そのインターネットで申し込みから借り入れまでの手続きが完結する代表的なカードローンがネットバンキングの楽天銀行スーパーローンです。

楽天銀行スーパーローンはネットバンキングのためインターネットにはかなり力を入れています。そのため申し込みから借り入れまでの手続きが完結出来てしまうので、最近ではかなり人気が出てきています。ホームページで必要項目を入力して審査が通過したらスマートフォンのアプリで必要書類を撮影して送信すれば契約完了です。借り入れもホームページの会員ページから借り入れる金額を入力すれば口座にお金が振り込まれます。この流れだと周囲の人にはまったく気づかれる事がないので、キャッシングを利用している事を周囲の人に内緒に出来るというメリットもあります。

最近では各キャッシング業者とも無人契約機を減らして申し込み手続きをインターネット完結に移行している傾向があります。その最先端を行っているのが楽天銀行スーパーローンと言えるでしょう。

申し込み

キャッシングサービスの申込みは複数ある

キャッシングサービスの申込みをしたい時は金融機関とかに直接いって手続きする方法や自動契約コーナーがある施設にいって、マシンを使って対応を受ける方法などがあったりするため、多種多様のニーズに応えることができていて、多くの人たちが安心かつ安全にキャッシングサービスを受けられるようになっています。

キャッシングサービスの申込みをする際は準備しておくものとかもあったりするため、事前に身分を証明するものとかのコピーや手続き書類とかに必要な印鑑などとかも用意しておくようにお願いします。急ぎでキャッシングサービスの申込みをしたい場合は自動契約コーナーがあるところで対応したほうがその場ですぐに審査を受けることができるのでその日からすぐにお金を借りることができます。

急ぎではない場合は金融機関の店舗へ足を運びスタッフの方と相談をしながら契約を進めていきお金を借りるようにお願いします。

審査

スマホアプリで本人確認書類を提出するだけで借り入れができました

私はスマホを使って金融機関にキャッシングの申し込みをしたのですが、アプリを使えば簡単に手続きをすることができました。お金を借りるうえで必要とは言え複雑で難しい作業を自分1人ですることができるだろうかと心配していたのですが、スマホのアプリを使えば簡単でした。慣れていなくても知識がなくても、すぐに手続きができたったこれだけでいいのかとびっくりしました。何より、来店せずにお金を借りられるというところが良かったです。

本人確認書類として運転免許証が認められていたので、私はこれを提出することにしました。50万円を超えている場合は収入証明書が必要ですが、私は10万円だったので収入証明は免除され本人確認書類だけで手続きが完了しました。手早く簡単に手続きを終えられて、良かったです。

体験談

私のキャッシング即日利用の体験談

私がキャッシング機能を便利に感じたのは、申し込むタイミングにもよりますが即日で口座に入金がある点です。私の経験をお伝えさせて頂くと、当時の私は入社したばかりで給与も基本給のみで研修期間中は毎月ギリギリで生活しており蓄えもありませんでした。そんな給料日間近で身内の不幸で急遽実家へ帰らねばならなくなりました。当然手持ちの現金はなく口座残高も残ってません。この時に利用したのがクレジットカードについてるキャッシング機能です。

クレジット会社のホームページからアクセスし、わずか5分の間で10万円程申し込みをし即日で口座に入金がされ、事なきを得ました。返済に関しても月々5000円から設定でき、返済金額も簡単に変更できたので、研修期間が終るまでは低く設定しその後返済額を引き上げることで生活を圧迫する事なく返済できました。

即日のキャッシングは利用する会社にもよるとは思いますが、生活水準に合わせて返済もできますし、急にお金が必要になった時にとても便利なものです。

もちろんお金を借りる行為ではありますので過剰な利用は敬遠されると思いますが、いざという時に非常に助かりますので試してみる価値は十分にあります。

利息

キャッシングでは複数の会社で無利息サービスを利用して申し込みをすると良い

キャッシングでは無利息期間というサービスが存在し、いくつかの大手の会社がやっていますから、申し込みをするときには知っておきましょう。

複数の会社がやっているので、1つの会社では初回のみしか利用できませんけど、複数の会社を使うことで、無利息サービスを何回も利用することが可能なのです。

つまり、特定の会社で無利息期間を利用し、次は別の会社で借りてまた無利息期間を使うというやり方が可能になるのです。

初回のみしか利用できないのですが、何度も利用する方法があり、そういうサービスをやっている会社の数だけ利用することができるということになります。

こういった利用をすると、利息をとられない期間が設定された中で何度もお金を借りることができるので、キャッシングにこれから申し込みをするときには覚えておいてほしいです。

返済

キャッシングの返済を早くするのはよいですが

キャッシングの返済は可能な限り早くするというのが重要になってくるわけですが返済の時に返済手数料がかかるような時間帯やその方法ということになりますと余計に負担がかかるということになりますのでそれは避けておいた方が良いでしょう。要するに早く返済するのは悪くはないのですがそのためにコストなどをかけるというのはそれはそれでよろしくないということになります。

また、一括返済ができるのであればよいのですが、そうではなくて次の月も約定返済をしなければならないということになっているのであればその部分が少なからず残しておかないと約定返済ができていないという状況になってしまうので金融遍歴に傷がついてしまうのでその点は注意しておきましょう。

総量規制

総量規制とは何かと言うことを知っておく!

あなたがもしキャッシングを利用するにあたり「総量規制」と言う言葉を耳にすることがあると思います。キャッシングで借り入れを行う金額を左右するこの総量規制と言う言葉について知っておきましょう。

総量規制と言う言葉の意味として「年収の3分の1以上をキャッシングで貸し付けることができない」と言う法律のことを指します。つまり年収300万円の人が100万円以上を借りようとした場合にはこの総量規制に基づき、借り入れを行うことができません。

しかしながら、消費者金融や銀行にはその総量規制に関係なく貸付を行えることがあり、そのことを総量規制対象外といいます。この総量規制対象外によって年収の3分の1以上の借り入れを行うことができるのです。その際には別な審査がありますので、その審査を無事通過することができれば年収の3分の1以上借りられることができます。高額な借り入れを利用すると思っている際には十分注意しておきましょう。

銀行系

銀行のローンについて難しく考えてる方へ。

銀行でローンを考えてい方、他の金融会社より組みづらいと思っているかもしれませんがそんなことはありません。まず基本情報をスマホはパソコンで入力して仮審査を行います。数日後仮審査が通って本人確認などの書類は写しを郵送しその後本審査になりますが、ここまでの作業がとても楽ですよね。

対応もとても丁寧ですので、初めての方でも安心してローンを組めると思います。銀行に出向くのは融資当日の一回だけですので予定も決めやすいのがいいですよね。あと銀行ローンは他の金融会社よりも金利が若干安くなおかつ無理のない返済計画を立ててくれるので安心感があります。今の時代銀行ローンはスマホやパソコンから申し込みをすると金利がグッと下がりますのでおすすめです。

消費者金融のアレコレ

アイフルの教育ローンの概要やメリット

アイフルでは使いみちが自由なキャッシングローンに加えて、教育資金をお得に調達できる教育ローンの取り扱いもあります。教育ローンの概要やメリットを確認していきましょう。

まず貸付条件ですが、2018年12月6日時点で融資限度額が100万円まで、実質年率が9.8%から12.0%となっています。アイフルのキャッシングローンの場合実質年率の上限が18.0%となっているので、初めてアイフルと契約する場合でも教育ローンであれば非常にお得な金利で借り入れができるメリットがあります。

なお借りたお金は基本的に子どもや契約者本人の学費や塾代など教育関係の費用としてのみ利用ができ、契約時には使いみちを証明できる書類を提出する必要があります。

消費者金融のアレコレ

プロミスとモビットの違いについて

プロミスもモビットもどちらもSMBCフィナンシャルグループという三井住友銀行系列のキャッシングなので、どちらがいいか迷ってしまうという方もいらっしゃると思います。一言でいうとプロミスは少額を気軽に借りやすくモビットは高額融資も可能という違いがあります。

具体的にはプロミスの限度額は500万円なのに対して、モビットは800万円まで融資をしてもらうことができます。またモビットの年率は下限が3.0%とプロミスよりも1.5%も低い事もあり、高額融資に向いています。ただし無利息期間がなかったり、プロミスで利用できるアプリローンなどの便利な借り方などはできません。

そういった事もあって、同じSMBCフィナンシャルグループのキャッシングサービスですがそれぞれに違いがあるので、自分の融資希望額にあった方を利用する事でお得にキャッシングができます。